トップページ
/
野口英世記念医学賞
/
野口英世記念医学賞受賞者一覧

野口英世記念医学賞受賞者一覧

受賞年度 研究事項 受賞者 所属(当時) 備考
1 1957年 恙虫病病原体の発見 緒方 規雄 日本歯科大学教授 医学博士 -
2 1958年 梅毒の実験的研究 松本 信一 大阪医科大学学長 医学博士 -
3 1959年 日本野兎病の研究 大原 甞一郎 財団法人大原総合病院理事長 医学博士 -
4 1960年 精製痘苗に関する研究 矢追 秀武 横浜市立大学教授 医学博士 -
5 1961年 アレルギーに関する研究 三沢 敬義 財団法人同愛記念病院長 医学博士 -
中村 敬三 国立予防衛生研究所長 医学博士 -
6 1962年 マラリアに関する研究 森下 薫 大阪大学名誉教授 医学博士・理学博士 -
7 1963年 ショーブ乳頭腫の研究 伊藤 洋平 奈良学芸大学教授 医学博士 -
8 1964年 長江浮腫(顎口虫症)の研究 北村 包彦 東京逓信病院長 医学博士 -
小宮 義孝 国立予防衛生研究所寄生虫部長 医学博士 -
9 1965年 (該当者なし) -
10 1966年 アデノウィルス12型による造腫瘍に関する研究 矢部 芳郎 岡山大学助教授 医学博士 -
11 1967年 九州における地方熱(鏡熱)の病原体の研究 操 坦道 国家公務員共済組合連合会浜の町病院長 医学博士 -
小林 譲 九州大学医学部講師 医学博士 -
九州における地方熱(日向熱)の病原体の研究 福田 武夫 宮崎県衛生研究所長 医学博士 -
12 1968年 トキソプラスマ症の基礎的研究 松林 久吉 慶應義塾大学医学部教授 医学博士 -
常松 之典 東京大学医科学研究所細菌感染研究部長 医学博士 -
13 1969年 インフルエンザウィルス及びその疫学に関する研究 福見 秀雄 国立予防衛生研究所細菌部長 医学博士 -
14 1970年 (該当者なし) -
15 1971年 微生物感染に対する防御機構の研究(1)ウィルス抑制因子(インターフェロン)の研究 長野 泰一 東京大学名誉教授 医学博士 -
微生物感染に対する防御機構の研究(2)実験チフス症の感染と免疫の研究 牛場 大蔵 慶應義塾大学医学部教授 医学博士 -
16 1972年 溶原化変換の基礎的研究 植竹 久雄 京都大学教授・同ウィルス研究所長 医学博士 -
17 1973年 輸血後肝炎とオーストラリア抗原との研究 大河内 一雄 九州大学医学部付属病院中央検査部長 同大教授 医学博士 -
18 1974年 ペスト生菌ワクチンと疫学の研究 春日 忠善 北里大学医学部教授 医学博士 -
19 1975年 細菌毒素ならびにハブ毒素の研究 村田 良介 国立予防衛生研究所細菌第2部長 医学博士 -
20 1976年 免疫応答の調節機構に関する研究 多田 富雄 千葉大学医学部教授 医学博士 生誕百年記念
「蘭館日誌」の医学史的研究 大鳥 蘭三郎 東海大学医療技術短期大学教授 医学博士 生誕百年記念
癩の免疫学・血清学的研究特に癩凝集反応の開発に関する研究 阿部 正英 国立多摩研究所第2研究部長 医学博士 生誕百年記念
真菌毒素およびその病因学的研究 岩田 和夫 東京大学医学部教授 医学博士 生誕百年記念
特別賞 1977年 ベネゼエラ馬脳炎に関する調査研究(エクアドル共和国) Dr.ERNESTO GUTIERREZ VERA エクアドル国立衛生研究所ウィルス部長 医学博士 生誕百年特別賞
21 急性出血性結膜炎(AHC)の病原体発見とその疫学に関する研究 甲野 礼作 国立予防衛生研究ウィルス中央検査部長 医学博士 -
22 1978年 卵白リゾチームの抗原構造の解析並びに生体防衛機構の研究 天野 恒久 大阪大学医学部教授 医学博士 -
23 1979年 フィラリア病の疫学と駆除に関する研究 佐々 学 国立公害研究所長 医学博士 -
24 1980年 センダイウィルス(HVJ)に関する研究 石田 名香雄 東北大学医学部教授 医学博士 -
25 1981年 感染免疫領域における遺伝子表現変換機構の解析(1)細菌に薬剤耐性を与えるプラスミド上に存在する耐性遺伝子の転移と発現機構に関する研究 原田 賢治 群馬大学医学部講師 医学博士 -
感染免疫領域における遺伝子表現変換機構の解析(2)真核細胞における遺伝子ことに免疫グロブリン遺伝子の再構成と発現に関する研究 本庶 佑 大阪大学医学部教授 医学博士 -
26 1982年 インフルエンザウィルスの遺伝学的研究 杉浦 昭 国立公衆衛生院衛生微生物学部長 医学博士 -
27 1983年 成人T細胞白血病の病因解明に関する連携研究 高月 清 熊本大学医学部教授 医学博士 -
三好 勇夫 高知医科大学教授 医学博士 -
日沼 頼夫 京都大学ウィルス研究所教授 医学博士 -
28 1984年 緑膿菌の疫学的遺伝学的研究 松本 穎樹 信州大学医学部講師 医学博士 -
伊豫部 志津子 群馬大学医学部助教授 医学博士 -
29 1985年 生体防御に関与する液性因子の遺伝子構造と発現の研究 谷口 維紹 大阪大学細胞工学センター教授 理学博士 -
30 1986年 アフリカ「眠り病」病原体の人工培養と免疫学的研究 蛭海 啓行 国際家畜疫病研究所細胞生物学部長(ケニア) 医学博士 -
31 1987年 ポリオウィルスの分子生物学的解析とその応用 野本 明男 東京都臨床医学総合研究所微生物研究部長 薬学博士・医学博士 -
32 1988年 ヒトEBウィルス感染と発がんの本態に関する研究 大里 外誉郎 北海道大学医学部癌研究施設ウィルス部門 医学博士 -
33 1989年 病原体解析の基礎的研究並びに臨床的研究(1)免疫蛍光法の確立と普及 川村 明義 東京大学名誉教授 医学博士 -
病原体解析の基礎的研究並びに臨床的研究(2)HTLV-Ⅰ関連ミエロパチー・HAMの発見 井形 昭弘 鹿児島大学学長 医学博士 -
納 光弘 鹿児島大学医学部教授 医学博士 -
34 1990年 理論血清学の推進とその臨床的応用 松橋 直 東京大学名誉教授 医学博士 -
35 1991年 (1)日本脳炎の疫学及び予防に関する研究 大谷 明 国立予防衛生研究所名誉所員 医学博士 -
(2)単純ヘルペスウィルスの感染・増殖・免疫の研究 森 良一 九州大学医学部教授 医学博士 -
36 1992年 マウス白血病ウィルスの宿主側抵抗性遺伝子に関する研究 小高 健 東京大学名誉教授・埼玉医科大学教授 医学博士 -
37 1993年 T細胞抗原受容体を介した免疫応答調節機構の解明 谷口 克 千葉大学医学部教授 医学博士 -
38 1994年 ウィルス病原性の分子基盤に関する研究 永井 美之 東京大学教授 医学博士 -
39 1995年 破傷風毒素の構造と作用の研究およびその応用 松田 守弘 大阪大学微生物研究所教授 医学博士 -
40 1996年 自己免疫性水疱症の免疫病理・分子生物学的研究 西川 武二 慶応義塾大学医学部教授 医学博士 -
41 1997年 RNAがんウィルスの複製と感染細胞の増殖制御に関する研究 下遠野 邦忠 京都大学ウィルス研究所教授 薬学博士 -
42 1998年 腸管病原菌および日和見病原菌の研究 阪崎 利一 財団法人日本生物化学研究所主任研究員 獣医学博士 -
赤痢菌の病原因子と上皮細胞感染機構に関する研究 笹川 千尋 東京大学医科学研究所教授 医学博士 -
43 1999年 日本脳炎・デング等アルボウィルス病の基礎並びに応用研究 五十嵐 章 長崎大学熱帯医学研究所長 医学博士 -
44 2000年 腸管上皮内リンパ球の生体内機能と発達分化機構の研究-特に発達分化の場の発見 石川 博通 慶應義塾大学医学部助教授 医学博士 -
ウィルス遺伝子発現による非A非B型肝炎の診断・予防・治療の研究 宮村 達男 国立感染症研究所ウィルス第2部長 医学博士 -
45 2001年 自然免疫系における病原体認識機構の研究 審良 静男 大阪大学微生物病研究所教授 医学博士 -
三宅 健介 東京大学医科学研究所教授 医学博士 -
46 2002年 エマージングウィルスの分子生物学的研究 河岡 義裕 東京大学医科学研究所教授 獣医学博士 -
47 2003年 IL-5の発見と免疫応答・アレルギー性炎症の調節に関する研究 高津 聖志 東京大学医科学研究所教授 医学博士 -
48 2004年 ヘルペスウィルス感染の病態解析とその制御に関する研究 山西 弘一 大阪大学大学院医学系研究科教授 医学博士 -
49 2005年 腸炎ビブリオの病原性発現機構の解析 本田 武司 大阪大学微生物病研究所教授 医学博士 -
50 2006年 麻疹ウィルス受容体の解明 柳 雄介 九州大学大学院医学研究院教授 医学博士 -
51 2007年 粘膜免疫の基礎的解明と学問的体系確立 清野 宏 東京大学医科学研究所教授 医学博士 -
52 2008年 培養細胞におけるC型肝炎ウィルス増殖に関する研究 脇田 隆字 国立感染症研究所ウィルス第2部長 医学博士 -
53 2009年 インターロイキン-2 受容体γ 鎖の発見とその免疫学的研究 菅村 和夫 宮城県立がんセンター総長 医学博士 -
54 2010年 自然免疫に働く補体レクチン経路の発見 藤田 禎三 福島県立医科大学医学部免疫学講座教授 医学博士 -
55 2012年 インターロイキン-18(IL-18)の発見とその生体防御における役割 岡村 春樹 兵庫医科大学腫瘍免疫制御特任教授 理学博士 -
中西 憲司 兵庫医科大学学長 免疫学・医動物学教授 医学博士 -
56 2013年 C型肝炎ウィルスの増殖と病原性発現に関与する宿主側因子の解析に関する研究 松浦 善治 大阪大学微生物病研究所教授・副所長 医学博士 -
57 2014年 細胞質ウィルスセンサー RIG-Ⅰ ファミリーの発見とその機能解析 藤田 尚志 京都大学ウィルス研究所教授 理学博士 -
58 2015年 自己免疫疾患および感染防御に於けるIL-17A、IL-17Fの役割の解明 岩倉 洋一郎 東京理科大学生命医科学研究所教授 理学博士 -